Message from the Mountains

水の宅配が一般化

今まで大手企業の一角にウォーターサーバーが置いてあるのは目にしたことがあります。

しかし最近では、家庭で使うお水全てがミネラルウォーターと言う時代になってしまいました。

たくさん使うから、その都度お店で買って運ぶ、、、なんてことをしていたら大変です。

そういう経緯があり、重たいお水を自宅まで届けてくれる水の宅配が一般家庭に浸透したようです。

また、一般庶民の水への安全性が高まった。と言う点も大きいのではないでしょうか。

水の宅配をすることで、安心して飲める水を確保することはできます。

しかし、そこにかかるコストを入念に調べることが、賢い水選びのポイントとなるでしょう。

業者によっては、無料で試せるシステムを導入しているところがあります。
それを試して、失敗なく選びたいです。

水の宅配業者を比較しよう

水宅配を申し込む場合は、一つの業者だけの情報をみて決めるのではなく、
いろんな業者の情報をみて比較しながら選ぶようにしましょう。

水の料金で比較すると、水の種類によって価格が全然違うことがよくあります。
でも、飲む人の好みがあるので、一応、目安として把握しておきたいです。

サーバーのレンタル料で比較すると、レンタル料が無料のところと、そうでないところもあります。
無料のところは水の代金が少し高いのかなぁ?と言うのが正直な意見です。
そこで、一つの比較が出来ます。

また、メンテナンス料金で比較すると、メンテナンス料無料のところと、
有料のところがあります。また、解約手数料のことについても
きちんと調べることを頭に入れておいてください。

業者のホームページなど見ると、細かい字ではありますが、きちんと表示してあります。
その辺をきちんと熟読して比較していきましょう。