Message from the Mountains

肌質で選ぼう!洗顔石鹸

洗浄力があれば洗顔石鹸は何でもいい!という訳ではありません。
石鹸にも主原料が色々あるように、人間の肌質もいろいろあります。

肌質によっては、「合う」・「合わない」がもちろん出てきます。
乾燥肌の人が皮脂を多く取ってしまう洗顔石鹸を使用してしまったら、
乾燥肌が余計酷くなってしまいます。
もちろん、その逆のパターンも大いにあり得ます。

目安として、乾燥肌の人は、オリーブ油や椿油を主とした原料が向いています。
普通肌の人は、パーム油や牛脂を原料としたもの、
脂性肌の人はヤシ油やパーム油の物が良いでしょう。
あくまで、目安として参考下さい。

原料とは別に、やはり添加物が入っているものは避けましょう。
もし添加物が入っていると、主原料の脂が原因なのか、香料が原因なのか、
保存剤が原因なのか、、、考えるだけでも手間ですし、
何が原因だったのか特定し辛くなってしまいます。

そう言った意味でも、無添加の洗顔石鹸を選ぶのが自分に合った石鹸を選ぶ近道です。